寺澤英明のSMACAN(スマキャン)が危険な仮想通貨と取引所の話をしている件

仮想通貨系

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

年が明けて少し経ちますが、やはりウクライナ関連やコロナの影響から様々なものの物価の上昇が止まりません。

もちろん、コロナやウクライナ問題以前に日本の社会システムにも問題があり、物価上昇しているという側面もあるのですが、残念ながら日本の政治や経済は今後悪くなる一方で、お金を持っている人だけがある程度快適に過ごせて、お金がない人ほど、尊厳が守られない社会が10年以内に訪れます。

簡単に言うと、今普通の生活をしている人が貧乏に、貧乏な人が極貧に、多少余裕のある暮らしをしている人でさえ、普通な暮らしにランクダウンさせられるんですね・・・

理由は簡単で、税金の徴収システムと経済に欠陥があるからです。

詳しい話をすると、5時間くらい長い話になるので、専門的な話はしませんが、早い話、1つの収入源では生活を支えるのが難しくなり、日本人の貧乏化が進むということとなります。

だからこそ、今こそ立ち上がり、そんな「お金で悩むしょうもない人生」を送らないために行動を起こしてほしいです。

お金の悩みなど、人生においてしょうもない悩みであり、その気になれば誰にでも稼げることなので、悩まないためにも収益化かk津堂をしていただきたいです。

ただ日本人は会社などに勤めて稼ぐという教育しか受けていないため、個人で稼ぐという教育が薄いためそこを補う必要があります。

それをなしに副業をするのはロープの切れかかったつり橋を渡るくらい危ない行為です。

というのもちゃんとした指針を持たずに副業に取り組むと、何が起きるのかというと、結果が出ないというケースが世間では多発しております。

そのため、当ブログではそういった失敗を未然に防ぐため、副業実践がスムーズに出来、そして、稼げるという状態に導いてくれる教材の紹介をしております。

詳しくは下記リンクに掲載いたしますが、下記の教材は既に私経由でお求めいただいた多数の方が大小の差はあるものの結果が出ているものとなっております。

この教材は本来既存のビジネスでは初心者はつまはじきになりやすい環境を「最新式」という環境でネットビジネスが繰り広げられるため、ライバルの存在、上級者の存在があまりいないので、初心者さんでも、比較的簡単に、しかも大きな結果を出しやすくなっており、お勧めの教材です。

重複しますが、実際私経由でお求めいただいた方は、既に稼いだという方が続出しておりますので、もしよろしければ、そちらのご確認もしていただき今後の参考にして頂ければと思います。

初心者が成功できるビジネス
「初心者が成功できるビジネス」の記事一覧です。

本日は、寺澤英明のSMACAN(スマキャン)という案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 SMACAN(スマキャン)

商品販売者名 寺澤英明

寺澤英明のSMACAN(スマキャン)の大まかな謳い文句

寺澤英明のSMACAN(スマキャン)では以下のことが紹介文として綴られています。

  • 40万円が現実に
  • 一日5分のスキマ時間に
  • スマホさえあれば、スキル、経験不要

上記の紹介文を素直にとらえると、月に40万円というのはある種、ただ生活していくだけだと、何の苦労もなく生活が出来る収入額なので本当にこの収入が得られるのでしたら、是非とも、やってみたいですね。

しかも1日5分のスキマ時間があればできるとのことで、一か月の労働日数を30日で計算すると、150分と、場合によっては一日でそれらが完結できそうです。

さらにはそれがスマホで出来スキルも経験不要とのことで、何とも頼もしい権利収入ビジネスですね。

さて、この案件は一体いかなるものなのか?早速中身を見ていきましょう。

寺澤英明のSMACAN(スマキャン)はあの悪名高いビットキャッスルを推奨している

結論から言ってこの案件は絶対に手を出してはいけないものですね。

なぜならこの案件は、グロウというまだ未上場の仮想通貨を購入し、上場したら爆上げされるから儲けられるよという案件なんですが、そもそもまだ未上場の仮想通貨案件でちゃんと形になり、いわゆる億り人を輩出したものってエイダコインくらいで、日本でオファーされた他の仮想通貨案件のすべては失敗に終わっています。

しかも、エイダコインはそもそも日本の法律制度が甘かった時代だったため、元々は集金目的のICO案件だったんですが、たまたま、お金が集まりすぎちゃって、そこに人も集まるようになり正式なコインになったという、ラッキーコインなんですね。

ちなみに、エイダコインの開発に携わっている人からの情報なので、これは間違いない情報です。

話はズレましたが、このケースにより、一時期日本ではICO案件が流行りまくりましたが、その中でちゃんと上場したコインが2割、そして、その2割の中からちゃんとしたコインになり価格ががったのはその中の4%と言われています。

早い話が失敗する可能性の方が高いという話ですね。

むしろ、宝くじと堂々くらいの成功率なのでこういった未上場系の仮想通貨の話に乗るのは賢い選択肢とは言えませんね。

しかも、このグロウという仮想通貨はビットキャッスルという取引所で上場されるという話があるのですが、この取引所って、いわくつきの取引所なんです。

例えば、ビットコインの価格が一時期爆上げした際、売りに出し利益を得た取引所ユーザーがそのお金を出金しようとしたら何か月にもわたり出金が出来なかったり、明らかに未完成の仮想通貨なのに上場をさせたり、上場したコインがあるのに先行販売で手にしたトークンユーザーがビットキャッスルにコインを送金できない、あるいは売りに出せないという曰く付きの取引所です。

仮想通貨は未来の技術であるブロックチェーン技術を用いた素晴らしいシステム技術なんですが、それがゆえに詐欺話に悪用されるケースが後を絶ちません。

そのため、この案件は見送った方があなたの資産を守るためには重要なことだと言えますね。

寺澤英明のSMACAN(スマキャン)の特商法がヤバすぎる

この案件の特商法なんですが、なんと海外にあります。

もちろん海外がいけないわけではありません。

しかし、ほとんどの詐欺仮想通貨案件ってなぜか、シンガポールに集中しているんですね。

むしろ、シンガポール系の案件って今までに成功したためしがないです。

もちろんシンガポールを特商法、あるいは開発の拠点にしているもので成功した案件もありますが、そのほとんどが日本では公開されていない、あるいは紹介されていないものなので、こういった点からも、危険な案件と言えるでしょう。

まあ、あなたがどうしてもこの案件には可能性があるとお考えでしたら、それはおとめしません。

しかし、この記事をちゃんと読んだ方であれば、この案件が如何ヤバい案件であることは伝わったかと思いますので、絶対に手を出さないようにしてください。

というわけでこの案件はお勧めしませんが、そもそも論で言うと投資を初心者さんが最初に副業で選ぶこと自体おススメではありません。

なぜなら、投資は1にも2にも3にも潤沢な資金力が収益金を発生させるため、その資金力がないのであれば、稼げたとしても雀の涙程度しか稼げません。

まあ、いわゆる積み立て型というのであれば、初心者さんにもお勧めですが、その場合すぐにお金は発生しませんし、積み立て型は最低でも5年は見守らなくてはならないため、即金性に欠けてます。

だからこそ、初心者さんは投資ではなく、ネットビジネスから始めるべきなんですね。

とはいえ、ネットビジネスといっても無数に存在しているので、何をやればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは既存のネットビジネスを実践してはいけないという話です。

なぜ実践してはいけないのかというと、既存のビジネスって既にライバルやその市場の猛者が存在しているので、そんな市場で取り組んでも、荒波に飲まれるだけで稼げません。

だからこそ、既存のビジネスではなく、最新、あるいは新興市場と言えるビジネスを取り組まなくては初心者さんが成功するなんてありえないんですね。

ホリエモンも西村ひろゆきも言っていますが、人と同じことしてもそこには洗堀者が居るから成功しないと言っています。

だからこそ、皆さんにはそういったビジネスを取り組んでいただきたいです。

また、当ブログではこれに関してまとめた記事がありますので、興味のある方は下記リンクからアクセスしお読みいただき今後の参考材料にして頂ければと思います。

話は戻しますが、今現在、この案件は危険なにおいがプンプンなので、詐欺に引っかかりたくないとお考えでしたら絶対に手を出さないでいただきたいです。

この案件から学べる格言

仮想通貨をやるならBTCオンリーで

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました