栗原裕治のゴールドシッププロジェクトで被害者が続出している件 株式会社アシストネット 

正体不明系

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

本日は、西村泰一 のバブルマネーハンターという謎の案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 G.S.P】ゴールドシッププロジェクト

商品販売者名 株式会社アシストネット 栗原裕治

この案件での謳い文句をまとめると以下のような紹介文がつづられています。

  • 誰でも1万円から300万円目指せる
  • 初心者でも即金かつ最速で収益
  • 今ならビジネス開始後7万円プレゼント

この言葉を素直に受け取ると、だれでも最大で300万円稼げるというのは魅力的と言っていいでしょう。

しかも初心者でも稼げるうえ、本来積み重ねをしなくてはならない構築期間をすっ飛ばして、最速で収益化できるようなので、これほど、興味をそそるものはありませんよね。

他にも、今ならこのビジネスを開始すれば、お祝い金なのかわかりませんが7万円のプレゼントされるようなので、いいこと尽くしで早くやりたいと思っている方も多いでしょう。

しかし一方でこの話が本当かどうかが気になる方もいるかと思います。

だからこそ私のサイトにたどり着いたという方もいるかと思いますが、結論から言ってこの案件、危険な商材としか言いようのないものになっておりますので、お勧めできません。

私は数多くの情報商材の購入や検証経験がありますので、もしもあなたがネットビジネス初心者なのであれば、是非とも以下より書かせていただいている話を参考にし、なぜこの案件がダメなのか?について知っていただければと思います。

まずこの案件なんですが、とにかく稼げるを連呼しているだけで、いったいどんなビジネスをするのか?どんな手法なのかを一切公開せず、とりあえず「稼げるから購入しろ」としか発信していません。

情報商材初心者さんからすると、こういった背景に疑問を抱かないかもしれませんが、一般的に情報商材でそれらを開示しないものはアウトです。

というのも、こういった案件を即金系というのですが、即金系とはとにかく稼げるを連呼し、ビジネスモデルを開示せず、何なのかは教えられないけどすごいのです!という演出から皆さんの興味を引き付け、いざ商材を購入すると、既存のノウハウ、あるいは無料レポートレベルの質の悪い商材であったという笑えないジャンルです。

いい情報商材とは基本的にどんな商材なのかについてしっかりと開示します。

ちなみにこういった即金系の情報商材で騙されたというデータを消費者センターの統計で被害総額を計算すると年間で50億円以上と言われています。

ただ、これは申告されているものであり、実際の被害は約4倍から5倍くらいあるので、実質毎年250億円くらいはこういった情報商材の被害に遭っているため、こういった案件には注意が必要です。

次にこの案件の発行元である販売者の評判について調べてみると、ツイッター、フェイスブックなどのありとあらゆるSNSで口コミを調べると、びっくりするくらい「稼げた」などの明るい報告がありません。

むしろ、この株式会社アシストネット、栗原裕治が発行する商品で痛い目に遭ったという報告の方が目立ちます。

そして、最後にこの案件の販売所在地ですが、なぜか廃墟化した事務所らしき場所で運営されているようです。

東京都港区元麻布3-12-41-206

これってもはや、実態がないに等しいと言えます。

というか、ここを販売責任の所在地にしているようですが、私からすると、適当な空き家みたいなところを勝手に住所設定して商材販売所在地にしているのか?とすら勘ぐってしまうレベルです。

しかもこんな瓦礫のような所在地でこの商材の価格はなんと20万円越えというのですから、私からすると、こんな恐ろしい商材はないとすら感じています。

正直私はこういった背景により、皆さんに対して強く警告を促します。

騙される前にこの案件をぜひぜひスルーして頂きたい。

本物で稼げる商材は存在していますが、こういったまがい物を掴んでしまうと、時間を食ってしまい、成功への道が遅れてしまいますので、ご注意いただければと思います。

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました