ロイヤルトレードの販売者は首をつって死んだ方がいいと思った件

稼げない投資ツール

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

夏というのは購買意欲が高まる時期です。

その結果、消費ではなく浪費をする方が多く、本来有益なことに対しお金を使うべきことを直視せず、娯楽に転じて浪費することは夏あるあると言っていいでしょう。

だからこそ私は夏は逆にチャンスということで、特に遊びもせず、そのお金が回りやすいタイミングでバシバシとビジネスをしているんですね。

これが私の毎年の習慣なんですが、お金を稼ぎたい人にこれだけはアドバイスします。

あなたが本当に稼ぎたいのであれば、浮かれやすい夏やクリスマスなどのイベントではお金を使う側ではなく、お金を使わせる側に立たなくては一生経っても稼げません。

もちろん、お金の回りずらいタイミングでビジネスをしてもビジネスというのはやれば稼げますが、ハッキリ言って初心者さんが容易に収益を上げたいという希望は叶いづらいです。

しかし、お金の回りやすい消費しやすい、浪費しやすいタイミングさえわかっていれば、初心者さんでも容易にお金が稼げるので、もしもあなたが本気でしたら、そんな浪費や消費が起きやすい今こそ立ち上がり、収益化活動して頂ければと思います。

ちなみに当ブログでは初心者さんが比較的成功しやすい、最新式のビジネス手法、新興市場、競合飽和が起きにくいビジネスを解説するBangNetという教材を紹介しています。

この教材は本来既存のビジネスでは初心者はつまはじきになりやすい環境を「最新式」という環境でネットビジネスが繰り広げられるため、ライバルの存在、上級者の存在があまりいないので、初心者さんでも、比較的簡単に、しかも大きな結果を出しやすくなっており、お勧めの教材です。

実際私経由でお求めいただいた方は、既に稼いだという方が続出しておりますので、もしよろしければ、そちらのご確認もしていただき今後の参考にして頂ければと思います。

初心者が成功できるビジネス
「初心者が成功できるビジネス」の記事一覧です。

さて本題に移りますが、本日は、ロイヤルトレードという案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 ロイヤルトレード

商品販売者名 不明

ロイヤルトレードの大まかな謳い文句

ロイヤルトレードでは以下のことが紹介文として綴られています。

  • 利益発生まで最短5
  • 技術、知識、経験は不要
  • 次世代資産運用の形がある

上記の紹介文を素直にとらえると、最短で利益発生が5分とはとてつもないスピードと言えるでしょう。

ただ最近、5分で稼げるシリーズが乱立しているので少々、不安を感じる方もいるかもしれませんがそれはいったんおいておいて、本当に稼げるのであれば、素晴らしいと言えます。

また、投資においては技術や、知識というのは必須条件であるため、その辺が不要というのは初心者さんにとっては、心強い言葉かと思います。

さて、この案件は稼げるのか?謳い文句とビジネスモデルが一致しているのか?早速見ていきましょう。

ロイヤルトレードは投資案件ではやってはいけない禁を犯している

結論から言いますが、この案件はとある公開しなくてはならない情報を出していないため、投資の禁を犯しているのでお勧めできません。

いくら下記画像の証拠のようなものを出されていても、これがいくらの資金から始め、どのくらいの時間で稼げ、そして、何回トレードしたのか?投資の内容は何なのか?が明確にされていない以上危険案件としか言いようがありませんね。

軽く掘り下げまずが、投資は1にも2にも資金です。

上記では合計金額が150175円稼げたとありますが、そもそも、いくらで初めてこの金額なのか?という説明がありませんし、合計利益の下の表記で15万円で運用資金とありますが、15万円で資金運用するということは建玉(二分割以上して買いのタイミングをずらして投資する手法)している可能性があるので、実際は15万円でない可能性すらあります。

何より、この案件は投資であるのに何の投資で稼ぐのか?という話が一切されていないため、もはや、怪しい案件を通り越して、危険案件と言わざるを得ません。

また、ロジックに関しても説明されていませんので、この点も不審点と言えますね。

正直この背景から、この案件が打ち出す謳い文句にははなはだ遠い話ではと疑わざるを得ませんね。

ロイヤルトレードの販売者情報が全く出ていないため詐欺である可能性が100%?

この案件なんですが、特商法の記載がありません。

まず特商法って、何かトラブルが起きた際に消費者と提供者との間を結ぶパイプのような役割なのに、なぜかそれの記載が全くありません。

この案件は詐欺としか言えないものではありますが、仮に詐欺じゃなかったと仮定し、この商材の購入者が何かつまずくことや、言葉の勘違いなどをおかし、ミスをしていた場合、思うように結果が出ないわけですが、その場合どこに連絡すれば解決するのでしょうか?

正解は言わずともわかるかと思いますが、販売者です。

にもかかわらず、これらの記載がないというのは危険案件だと断言できますね。

また、私は正直、特商法はあってもなくてもどちらでもいいと考えるタイプではありますが、こと投資に関しての商材を出す場合、必ず、記載しなければならない、モラルや倫理だと考えます。

というのも、投資ってお金でお金を稼ぐ性質があるので、どうしても、サポートは必須です。

何に投資すればいいのか?また、どうやればいいのか?という初心者特有の悩みはアフィリエイトや転売に無い悩みがわんさか出るわけですから、消費者に対しての誠意としてここは必ず明確にするべきだと私は考えます。

早い話が私はこの案件の発行会社に対して、誠意のない行為をしているうえ、詐欺という犯罪を犯しているアホな連中なので、警察に捕まらなくてもいいから、早く山奥に行き首をつって、だれにも迷惑を掛けずに社会のためにも死んでくれって批判してます。

というわけでこの案件はお勧めしませんが、そもそも論で言うと投資を初心者さんが最初に副業で選ぶこと自体おススメではありません。

なぜなら、投資は1にも2にも3にも潤沢な資金力が収益金を発生させるため、その資金力がないのであれば、稼げたとしても雀の涙程度しか稼げません。

まあ、いわゆる積み立て型というのであれば、初心者さんにもお勧めですが、その場合すぐにお金は発生しませんし、積み立て型は最低でも5年は見守らなくてはならないため、即金性に欠けてます。

だからこそ、初心者さんは投資ではなく、ネットビジネスから始めるべきなんですね。

とはいえ、ネットビジネスといっても無数に存在しているので、何をやればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは既存のネットビジネスを実践してはいけないという話です。

なぜ実践してはいけないのかというと、既存のビジネスって既にライバルやその市場の猛者が存在しているので、そんな市場で取り組んでも、荒波に飲まれるだけで稼げません。

だからこそ、既存のビジネスではなく、最新、あるいは新興市場と言えるビジネスを取り組まなくては初心者さんが成功するなんてありえないんですね。

ホリエモンも西村ひろゆきも言っていますが、人と同じことしてもそこには洗堀者が居るから成功しないと言っています。

だからこそ、皆さんにはそういったビジネスを取り組んでいただきたいです。

また、当ブログではこれに関してまとめた記事がありますので、興味のある方は下記リンクからアクセスしお読みいただき今後の参考材料にして頂ければと思います。

話は戻しますが、今現在、このマネ虎という案件は危険なにおいがプンプンなので、詐欺に引っかかりたくないとお考えでしたら絶対に手を出さないでいただきたいです。

この案件から学べる格言

プレデターもたまには不適切発言をする

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました