北村新はもはや犯罪者?スローライフクラブ(SLC)の悪徳商法について!

稼げない投資ツール

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

世の中にはルールを守らないで商品を売りさばく輩がいます。

そして、この業界で一番行われている犯罪行為ともいえるルール破りは、特商法違反と虚偽広告です。

例えば、転売の商材で本来であれば資金が30万必要だとして29万円で出来ます的な多少のずれならば、違反行為ではあるものの、常識の範疇とみなされて罪になることはないのですが、世の中にはこれを大幅に違反している案件が多数あって、私から言わせてみれば、そういう連中は全員一度捕まれって本気で思っています。

本当の話をしてるのなら私も何も言いません。

むしろそういう商材は大々的に歓迎ですし、私も今紹介しているbang netのように実践検証します。

Bang netで月収100万円を目指したい方はここをクリック

今私が紹介しているBNは実際に100万円程度なら、しっかりと実践すれば稼げますが、今世にある商材の殆どがそういう商材ではなく、販売者がお金を集金目的で甘い謳い文句を言い放ちたぶらかそうとしているのですから、はらわたが煮えくり返りそうです。

皆さんには本物を掴んでほしいので、そういったあり得ない話には絶対に乗らないでいただきたいです。

さて本日は、スローライフクラブ(SLC)と呼ばれるFX案件が大々的に稼げると宣伝されているので、本当に稼げるのか?について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 スローライフクラブ(SLC

商品販売者名 北村新

この案件では以下のことが紹介文として綴られています。

  • 参加者を無償で支援
  • 月収50万円、それ以上の報酬獲得も可
  • まずは10日間で20万円稼いでもらう
  • 徹底したサポート環境

上記の紹介文を素直にとらえると、今コロナ禍で収入に関して不安を感じている方や既に不安定な状態になっている方が聞くと、まるで天使のような案件に感じるでしょうね。

しかもまずは20万円を10日で稼いでもらうという強気で自信のある発言まであるのですから、期待しない訳がありません。

それでいて、この案件では徹底的なサポート環境活、参加者を無償で支援してくれるということから、もはや、神様級の施しと言えます。

ですが、この案件かなりヤバいことが当ブログの調査により発覚しました・・・

まず、この案件のLPでは稼げるといっているものの、ビジネスモデルが公開されていませんが、動画を見ていくとこの案件はFXで稼いでいくことが分かりました。

FXとは円ドルの投資市場で安い時にドルを買い、ドルが高くなったら日本円にするという投資売買のことです。

これ自体実際に稼げる投資モデルなのですが、正直この投資で稼ぐにはかなりの資金が必要になります。

この案件では月収50万円稼げるとのことですが、もしもFXで毎月50万円稼ごうものなら資金は大体500万円は必要です。

ただし、これはあくまで最低限の資金であり、実質50万円を毎月稼ごうものなら大体700万円から1000万円は必要ですね。

ただ、投資初心者さんからすると、なぜそんなにも資金が必要なのか?についてわからない方もいるかと思いますので、この点を少し説明しますが、今、投資でお金を稼いでいる人の月利って、3~15%と言われています。

さらに投資の神様と言われているウォーレンバフェットですらよくて月利30%なので、資金がなぜ稼ぐうえで重要なのかは、一目瞭然ですね。

早い話が、資金が少なければお金が稼げないという話です。

次に、この案件は無償で支援するといっていますが、これは大嘘です。

この案件で投資を実践するには19800円とお金が掛かります。

これは当初の話と大きく違っていますので、もはや誇大広告ではなく虚偽広告、または欺罔(ぎもう)広告ですね。

ちなみにこれ、彼らは今現在捕まっていないだけで法律違反なので、犯罪者です。

というか、こんな犯罪行為をしている連中がYoutubeで堂々と広告してるんですから世も末ですね・・・

私は世代ではありませんが、豊田商事を彷彿させます。(豊田商事全盛期はTVでCMを打っていました)

また、19800円と一見すると安く感じるかもしれませんが、これは買いやすくするという戦略もあるのですが一番の目的は返金させる気力を奪う金額の設定なんです。

どういうことかというと、例えば皆さん、どうでもいいような読み物に興味を持ってその読み物が300円だとします。

しかし、中を見てびっくり、全くもって役に立たない読み物だったとして、その読み物を返金してもらおうと思いますか?

これと同じように情報商材の世界でもこういった行為を意図的に計算しやっているのです。

ちなみにいうと、これを法的な手続きを踏んで返金してもらおうとすると、返金してもらう当の本人は赤字になります。

弁護士相談料、利用料、書類作成料などなど、お金が掛かるんですが、これらを踏まえると、大体25000~30000円くらいなので、普通に赤字になるため、こういった事実を知ると、購入者の返金活動意欲ってなくなり泣き寝入りになります。

昔からよくある手口なのですが、こういった背景を知らないのがこの業界では9割近くいらっしゃいますので、そういった意味でご注意ください。

そして最後に、この案件の口コミについてもツイッター、フェイスブック、インスタなどで調べ上げましたが、なぜか稼げましたなどの報告が一切ありません。

成功体験とは素晴らしい体験なので、本当に稼げるのであればそういったところで口コミされているものなのですが、そういった現象が一切起きていないというのは、もはや、この案件で稼げるという話自体作り話であるため、そういった背景からもお勧めできる案件ではありませんね。

さて、そろそろ総括しますが、この商材はタダと言っておきながら有料の商材を売りつけ、本来50万円を稼ごうとするならば巨額の資金が必要なのにそのことについて一切触れておらず、さらには、それらを総括すると、欺罔行為に当たるためやっていることはほぼ犯罪で、稼げたという口コミも一切ないため、もしもこの案件に興味のある方がいましたら、今回は見送るという行為が一番賢い立ち回りと言えるでしょう。

いい案件というのは存在していますが、少なくともこの案件ではないということを最後に、記事の締めくくりをさせていただきます。

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました