坂本よしたかの他力ヘブンズの実態は追加徴税の納税しようとしている

稼げない投資ツール

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

夏というのは購買意欲が高まる時期です。

その結果、消費ではなく浪費をする方が多く、本来有益なことに対しお金を使うべきことを直視せず、娯楽に転じて浪費することは夏あるあると言っていいでしょう。

だからこそ私は夏は逆にチャンスということで、特に遊びもせず、そのお金が回りやすいタイミングでバシバシとビジネスをしているんですね。

これが私の毎年の習慣なんですが、お金を稼ぎたい人にこれだけはアドバイスします。

あなたが本当に稼ぎたいのであれば、浮かれやすい夏やクリスマスなどのイベントではお金を使う側ではなく、お金を使わせる側に立たなくては一生経っても稼げません。

もちろん、お金の回りずらいタイミングでビジネスをしても稼げますが、ハッキリ言って初心者さんが容易に収益を上げたいという希望は叶いずらいです。

しかし、お金の回りやすい消費しやすい、浪費しやすいタイミングさえわかっていれば、初心者さんでも容易にお金が稼げるので、もしもあなたが本気でしたら、そんな浪費や消費が起きやすい今こそ立ち上がり、収益化活動して頂ければと思います。

ちなみに当ブログでは初心者さんが比較的成功しやすい、最新式のビジネス手法、新興市場、競合飽和が起きにくいビジネスを解説するBangNetという教材を紹介しています。

この教材は本来既存のビジネスでは初心者はつまはじきになりやすい環境を「最新式」という環境でネットビジネスが繰り広げられるため、ライバルの存在、上級者の存在があまりないため、初心者さんでも、比較的簡単に、しかも大きな結果を出しやすくなっているため、お勧めの教材です。

実際私経由でお求めいただいた方は、既に稼いだという方が続出しておりますので、もしよろしければ、そちらのご確認もしていただき今後の参考にして頂ければと思います。

初心者が成功できるビジネス
「初心者が成功できるビジネス」の記事一覧です。

さて本題に移らせていただきますが、本日は、坂本よしたかの他力ヘブンズという案件を取り上げようと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき、今後の参考にして頂ければと思います。

商品名 他力ヘブンズ

商品販売者名 坂本よしたか

坂本よしたかの他力ヘブンズの大まかな概要

坂本よしたかの他力ヘブンズの大まかな謳い文句は、

  • ネットビジネス界のトップ
  • 富裕層が多発している
  • 億を稼ぐ特別セミナー開催

ですね。

まあ言葉を素直にとらえると、ネットビジネス界のトップに億を稼ぐセミナーが受けられるというのは何やら人生が変わりそうな予感をさせます。

しかもこの方と関わると富裕層になれると思われる言葉が乱発されているので、期待度は高いですね。

しかし、残念ながらこの坂本よしたかという男は信用どころか人間性も含めかなり良くないのでお勧めできません。

というか、私は以前、とあるパーティーでこの坂本よしたかという人間と会い喋ったことやその時のふるまいをまじかで見たことがあるのですが、なんというか・・・

酒癖が悪いなって感じです。

まあ今はコロナ禍ということでそういう酒癖で人に迷惑をかけることは少なくなっているかもしれませんが、酒癖以外にも坂本よしたかが発行する案件はすべてヤバいものばかりなんですかね^^;

ではこの案件や、坂本よしたか経歴についてお話しさせていただきますので、もしもこの案件に興味がおありでしたら、まずは一読して、それからどうするかご検討ください。

坂本よしたかの他力ヘブンズ稼ぎ方とは!?

まず、この案件は投資で稼ぐものとなっているのですが、そもそも坂本よしたかという人物は、テンバイヤーでした。

テンバイヤーとは昨今、ゲーム界隈、ホビー界隈のユーザーから忌み嫌われている存在ですが、正直、経済を二次的に回すという意味でテンバイヤーは存在しなくてはなりませんので、私からテンバイヤー=悪という発信は一切しません。

むしろ私はテンバイヤー肯定派です。

さて、この話をするといつまでたっても本案件に関しての話が進まないので、この話は別の機会で話すとして、前述した通り、坂本よしたかはそもそもテンバイヤー出身であり、投資の経験がまるでないんですね。

にもかかわらず、彼は過去に何件も投資案件をリリースしているのが坂本よしたかの実情です。

その結果どうなったのかというと、全て坂本よしたかの投資案件は「稼げない」ということから大炎上しています。

特にひどかったのは数年前仮想通貨バブルと言われた時期にレンドロイドという仮想通貨のICOをしたときですね。

ICOとは株で言う未公開株の前売りのようなものだったんですが、このレンドロイドは「億り人になれる」と盛大に宣伝したのにもかかわらず、結局上場せず、誰一人億り人になれなかった案件ですね。

噂では、そのコインの購入で1000万円以上投資したという方も出てきており、上場しないことが分かった直後は大ブーイングでした。

本日7月8日のお昼ことに元総理大臣の安倍晋三氏が選挙運動中に銃により暗殺攻撃され、心肺停止との情報がありますが、坂本氏も暗殺されてもおかしくないくらいのお金を世間の皆様から搾取しています。

過激発言になりますが、なぜ今まで暗殺されなかったのかが不思議なくらいの詐欺行為をしているのが坂本よしたかなんですね。

ちなみにこの案件は投資であるものの、内容が明かされていませんが、LPの文言から他力本願、円やるバブルなどの言葉から坂本よしたかが開発したFXの自動売買、あるいは坂本よしたかのコピートレードで稼ぐというものだと思いますが、そもそも、坂本よしたかには投資の経歴は無く、あるのは詐欺投資案件を販売し続けてきたという経歴しかありませんので、信用してはなりません。

坂本よしたかの他力ヘブンズ関係者がヤバい・・・

私はこの国でネット収益化を図っているので、税制度に少なからず不満を抱いています。

しかしながら私は官民ではなく平民なので、お国には逆らえないので、泣く泣くこの国が設定する税率で納税をしています。

ですが、坂本よしたか一派はなんと2019年12月に法人税法違反で東京国税局から脱税により摘発されています。

詳細は坂本よしたかが関わるLoopアフィリエイトセンターで坂本よしたか案件の売上金をちょろまかしたんですね。

その金額はなんと8億円です。

おそらく、坂本よしたかは国からの追加徴税を何とか支払うために皆さんにあれやこれやの手口、言葉でたぶらかし、納税金を稼ぎ出そうとしているのが見え見えですね。

つまり、今回の案件は皆さんを稼がせるなどの目的で案件を発行しているのではなく、自分の追加徴税のお金をかき集め、ほぼ不正と言える方法で納税稼ぎ出そうとしているだけなのです。

税率が高いから脱税したいなという気持ちは分からなくないですが、日本にいる以上、規範から外れたことをするのはもはや非常識人ということで、人間性に問題があるとしか言えませんね。

というわけでこの案件はお勧めしませんが、そもそも論で言うと投資を初心者さんが最初に副業で選ぶこと自体おススメではありません。

なぜなら、投資は1にも2にも3にも潤沢な資金力が収益金を発生させるため、その資金力がないのであれば、稼げたとしても雀の涙程度しか稼げません。

まあ、いわゆる積み立て型というのであれば、初心者さんにもお勧めですが、その場合すぐにお金は発生しませんし、積み立て型は最低でも5年は見守らなくてはならないため、即金性に欠けてます。

だからこそ、初心者さんは投資ではなく、ネットビジネスから始めるべきなんですね。

とはいえ、ネットビジネスといっても無数に存在しているので、何をやればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは既存のネットビジネスを実践してはいけないという話です。

なぜ実践してはいけないのかというと、既存のビジネスって既にライバルやその市場の猛者が存在しているので、そんな市場で取り組んでも、荒波に飲まれるだけで稼げません。

だからこそ、既存のビジネスではなく、最新、あるいは新興市場と言えるビジネスを取り組まなくては初心者さんが成功するなんてありえないんですね。

ホリエモンも西村ひろゆきも言っていますが、人と同じことしてもそこには洗堀者が居るから成功しないと言っています。

だからこそ、皆さんにはそういったビジネスを取り組んでいただきたいです。

また、当ブログではこれに関してまとめた記事がありますので、興味のある方は下記リンクからアクセスしお読みいただき今後の参考材料にして頂ければと思います。

話は戻しますが、今現在、このマネ虎という案件は危険なにおいがプンプンなので、詐欺に引っかかりたくないとお考えでしたら絶対に手を出さないでいただきたいです。

この案件から学べる格言

私的な脱税するを人間は強欲である

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました