【犯罪の自白】石川和史のデジタルがヤバみを帯び過ぎてて化け物な件

転売ノウハウの商材

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

本題に入る前にちょっと前説ですが、日本は緩衝国と言われています。

ここ数年で言えば、北朝鮮からのミサイル攻撃、ロシアとウクライナ問題でロシアとアメリカ間の外交上切っても切り離せないポジションに国があるので、経済的な意味でも、軍事的な意味でも日本は影響されやすいです。

そして、やはりかと思った方も多いかと思いますが、今回のウクライナ問題やそれに付属する経済問題はもろに打撃を受けているため、昨今日本のお金の価値はダダ下がりです。

だからこそ、副業実践と収益化の重要性を今こそ説いておきたいです。

今務めている会社は皆さんもあるかと思いますが、そこの給料はこれから大幅に上がることはありません。

しかし、このままの日本経済は物価は上昇しまくるので大幅に給料が上がらないと、10年以内に今の生活ランクは1ランク下がるでしょう。

だからこそ、会社以外の収入源を手にしなくてはなりません。

とはいえ、何をするべきなのか?ということが分からない方も多いかと思いますし、やみくもに副業をしても選定したビジネスがライバルだらけということは、結構ある話なので、副業をするにあたり、何をやるのか?は成功において重要な要素です。

そこで、当ブログではライバルが非常に少なく、そして、飽和もしておらず、作業内容も比較的簡単な最新式のネットビジネスを紹介しておりますので、何をするべきなのか?が分からない方は下記の記事を一読して頂き、今後の副業実践の参考にして頂ければと思います。

また、この教材は本来既存のビジネスでは初心者はつまはじきになりやすい環境を「最新式」という環境でネットビジネスが繰り広げられるため、ライバルの存在、上級者の存在があまりいないので、初心者さんでも、比較的簡単に、しかも大きな結果を出しやすくなっており、お勧めの教材です。

実際私経由でお求めいただいた方は、既に稼いだという方が続出しておりますので、もしよろしければ、そちらのご確認もしていただき今後の参考にして頂ければと思います。

初心者が成功できるビジネス
「初心者が成功できるビジネス」の記事一覧です。

さて本題に移りますが、本日は、石川和史のデジタルという案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 デジタル

商品販売者名 石川和史株式会社スマホ

石川和史のデジタルの大まかな謳い文句

石川和史のデジタルでは以下のことが紹介文として綴られています。

  • 身近な写真を送って報酬ゲット
  • 毎回1万円以上/日給10万円も可能
  • 好きな時間で23

上記の紹介文を素直にとらえると、写真を撮るだけで1万円の報酬が手にできるというのはシンプルかつ明確な目標であるため、なんだか簡単なうえに気軽に出来そうですね。

しかも場合によっては日給10万円も可能ということで胸が高鳴ります。

そして、何よりその作業は2,3分ということで、時間も書けずに取り組めそうで忙しい方でも簡単に取り組めそうですね。

ではでは、この案件は稼げるのか?そして、謳い文句とマッチしてるビジネスになっているのか早速見ていきましょう。

石川和史のデジタルの謳い文句とビジネスがかけ離れていた

結論から言って、このせどり商材です。

まず、せどりというのはみなさんもご存知かと思いますが、一応初心者んのために説明すると売れそうな商品を安く仕入れて、別のサイトや買取実店舗などで高売るという、シンプルな仕組みです。

にもかかわらず、この案件ではあたかも写真を撮って送るだけで1万円と謳っているので話がかけ離れ過ぎているとしか言いようがありませんね。

確かにせどりでは商品を販売するため、商品本体の写真撮影をしなくてはなりませんが、それはあくまで商品がどんなものなのかを購入希望者に見てもらうためのものであり、写真を撮ったら報酬が発生するわけではないです。

しかも何を根拠に1枚撮るだけで1万円なのかも意味不明です。

早い話、あたかも簡単そうな作業でお金が稼げると言い放ち、実際の商材内容は少々ハードルの高さがある転売商材を売りつけ販売者だけが儲けようとしているのが、この案件であるため、この言葉通りの作業でお金が手に入るわけではありません。

なので、この言葉に魅力を感じているのでしたら、今すぐ考えを改めてください。

彼らは嘘を吐いてあなたからお金をだまし取ろうとしています。

石川和史のデジタルが過去に悪徳情報商材を販売していた経歴がある

この会社の登記情報を行政で調べると下記のように出てきました。

一見すると、何の変哲もない登記情報なんですが、問題は少し下の方に社名を変更した形跡があります。

で、基本的に会社の名前って変える事って世界的に見ても中々ありません。

あるとすれば、facebookの運営会社が、メタバース事業に力を入れれるから、その決意表明をするためだったり、ちょっと企業の闇的な話をすると、内部分裂により、社名を変更なんてのがあげられますが・・・

正直、彼にはそういった社名を変更する理由ってないんですね。

そして、株式会社ユニオンについて調べてみると・・・

このように過去に情報商材販売をしていました。

そしてもっと面白いのがその時の謳い文句と、今回の案件の謳い文句はほぼ一緒です。

つまり、これは自分の商材のクオリティーの低さ謳い文句との整合性がないということを隠すため、検索逃れのために会社の名前を変えて今回の商材をリリースしているんですね。

もっと言ってしまえば、これは彼らは自分たちの商材のウソがばれたから名前を買えたということなので、この商材が詐欺商材であることを、自白しているのと一緒なんです。

ここで皆さんに聞きます。

もしも、目の前に嘘を吐いている販売者が居たとしてその人の情報商材を購入しようとは思いますか?

おそらく100%で購入はしないでしょう。

早い話が、この案件に関わるのはお金と時間の無駄ということなので、絶対に買わないでください。

というわけでこの案件はお勧めしませんが、そもそも論で言うと初心者さんに転売って実はおススメじゃないです。

確かに、転売というのは売れそうなものを安く仕入れて高く売るという背景からシンプルで簡単なので、初心者さんにもお勧めと言われていますが、実は転売の大きな落とし穴って仕入れ先なんですね。

というのも、昨今の二次転売は安さを売りにしているため、ネット仕入れ、リアル仕入れにしてもそのショップが価格競争に負けじと全体的な市場を合わせに来ているという背景があるため、売れそうなものを見つけるのは昔よりも簡単になったものの、実は仕入れがそもそもできないという限界に来てます。

そのため、今初心者さんが転売をするというのは非常にハードルが高いんですね。

まあ、仕入れ先と、売れそうなものが纏まっている仕入れサイトがあるのであれば、それはもはや輸入ビジネスになりますので、もはや転売って初心者さんがやるべきビジネスではないと言えます。

だからこそ、初心者さんは転売ではなく、ネットビジネスから始めるべきなんですね。

とはいえ、ネットビジネスといっても無数に存在しているので、何をやればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは既存のネットビジネスを実践してはいけないという話です。

なぜ実践してはいけないのかというと、既存のビジネスって既にライバルやその市場の猛者が存在しているので、そんな市場で取り組んでも、荒波に飲まれるだけで稼げません。

だからこそ、既存のビジネスではなく、最新、あるいは新興市場と言えるビジネスを取り組まなくては初心者さんが成功するなんてありえないんですね。

ホリエモンも西村ひろゆきも言っていますが、人と同じことしてもそこには洗堀者が居るから成功しないと言っています。

だからこそ、皆さんにはそういったビジネスを取り組んでいただきたいです。

また、当ブログではこれに関してまとめた記事がありますので、興味のある方は下記リンクからアクセスしお読みいただき今後の参考材料にして頂ければと思います。

話は戻しますが、今現在、このマネ虎という案件は危険なにおいがプンプンなので、詐欺に引っかかりたくないとお考えでしたら絶対に手を出さないでいただきたいです。

この案件から学べる格言

騙してお金を貪ろうとするやつを信じるな

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました