将軍と坂本よしたかのクラウドファンディングビジネスが466万円稼げない嘘を暴いてしまった件

正体不明系

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

本日は、クラウドファンディングビジネスと呼ばれるクラウドファンディング案件が大々的に稼げると宣伝されているので、本当に稼げるのか?について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 クラウドファンディングビジネス

商品販売者名 将軍

この案件では以下のことが紹介文として綴られています。

  • オンライン完結ビジネス
  • 一発466万円
  • 欠点が1つも無い

上記の紹介文を素直にとらえると、昨今コミュ力のない人間では成功できないという理屈がかなり注目されていますが、このビジネスでは、コミュニケーション能力を必要とせず、オンラインで完結できるビジネスで、そのコミュ力に自信がない人には朗報と言えるでしょう。

もちろん、コミュ力はないよりはあった方がいいのですが、人それぞれで、得手不得手というものがあるため、私の話に該当する方はかなりの有益情報と思っているでしょうね。

しかもこのビジネスは何を根拠に言っているのかはわかりませんが、なんと466万円を一発で稼げるそうです。

しかも欠陥と言えるものが一つもないとのことなので、確実に稼げそうと感じた方はかなり多いのではないでしょうか。

しかし、この案件ですが調べれば調べ程きな臭い案件になっていますので、今回はそのきな臭さについて書かせていただきます。

興味のある方は最後までお読みいただき、この案件を購入するかどうかについて今一度冷静になって考えていただき、参考にして頂ければと思います。

まず、このビジネスは、クラウドファンディングビジネスで稼いでいくというものになっています。

まあクラウドファンディングとは、もはや今はやりの投資モデルなので説明は不要かと思いますが、一応このモデルをうまく軌道に乗せることが出来れば、めちゃくちゃ稼げる投資になっています。

ただ、この案件に関してはどういった方法のクラウドファンディングビジネスなのかが全くと言っていいほど、説明されません。

例えば、事業主となって何か商品を作りたいからクラウドファンディングをするのか?それとも、稼げそうなクラウドファンディング案件に手を出すのか?はたまた、起業など夢を持っている人を見つけスポークスマンとなり仲介料を取るのか・・・

と、このようにクラウドファンディングにもいろいろあるにも関わらず、この点が一切説明されていないんですね。

そのため、今現状の情報だけでこの案件を評価するなら、とりあえず、真新しそうなクラウドファンディングという言葉を用いて、この案件を視聴、閲覧している人の気を引くために誇大表現しているのでは?と勘ぐってしまいます。

他にも、どのクラウドファンディングをするにしても、いろいろ問題点というか壁というものがあるので、欠点が一つもないというのはもはや大嘘と言えます。

それにクラウドファンディングで稼ごうにも、事業によっては少額しか稼げないものだってありますし、仲介として稼ぐにしても、仲介する人のビジネスが儲けられるビジネスでなくては、やはり稼げませんし、逆に投資するにしても、案件によっては配当などの条件が稼げるものでなかった場合、お金など一戦も発生しないので、謳い文句の「466万円」という数字は根拠がないと言えますね。

また、この将軍と名乗る人物が過去にどれほどの実績を残したのか?あるいは他人にそれらを指導し、どれほどの結果を出させたのか?について調べてみましたが、それらの実績は探せど探せど一向に出てきません。

これはもはやない実績をあると口からでまかせを言ってるだけの可能性が非常に高いと言えます。

というか、クラウドファンディングの世界ってSNSと直結していることが殆どであり、SNSを駆使しなければ結果って残せない背景もあるため、口コミが出てこないこと自体おかしな話なのです。

つまり、控えめに言って、これは作り話をして稼げるといっている極悪な案件といってもいいです。

というか、この案件ちょっと調べればバレるようなことなのになぜこんな嘘をつくのでしょうか?

幼稚ですね・・・

さて、そろそろ総括しますが、この商材は一体何のクラウドファンディングで稼ぐのかを公開せず、何を根拠に466万円も稼げるのかを明記せず、稼げたという口コミも一切ない上、実績の公開もないため、信用の足るものではありません。

もしもこの案件に興味のある方がいましたら、今回は見送るという行為が一番賢い立ち回りと言えるでしょう。

いい案件というのは存在していますが、少なくともこの案件ではないということを最後に、記事の締めくくりをさせていただきます。

それでは失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました