入家祐輔の輸出物販LABは死んでるノウハウの可能性が高い

転売ノウハウの商材

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

本日は、入家祐輔の輸出物販LABという案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 輸出物販LAB

商品販売者名 入家祐輔

この案件では以下のことが紹介文として綴られています。

  • 月利400万円の裏側初公開
  • 半自動で運転投資

上記の紹介文を素直にとらえると、月利で400万円は素晴らしい収益額と言える金額です。

しかもその稼ぎ方の裏側を公開とありますので、こんなにも稼げる方法を伝授してもらえるだなんてなんというチャンスなんだという感じですね。

さらには400万円の月利を出す方法が半自動投資というのですから、収益の自動化を匂わせているため、興味津々です。

ちなみにこの案件では転売で稼ごうというものになっていますが、転売で400万円の利益を出すのは意外と出来ちゃいます。

但し、それは資金と売れる商品を見つけられたらの話です。

当然ですが、転売は物販ということから仕入れが必要になりますので、その仕入れをしたくさんの商品を販売するには当然大量の資金が必要なんですね。

また、0から転売を始めた場合、いきなり400万円の利益は出せません。

出たとしてもそれは利益で400万円ではなく「売り上げで」です。

また、転売は商品を出品するまで売れるかどうかわからないという性質があるため、結局転売で稼げる人って、ある程度の資金力と継続力と期間がないとそこまでの稼ぎになることはありません。

基本的に転売とは資金を使い取りあえず100商品仕入れ出品し、その中でよく売れるものを再度仕入れて、売れなかったものは取りあえず放置し、売れた商品で出た利益や追加資金で新商品を仕入れ出品し、その中で売れたものを再度仕入れ・・・

というように、売れるものと売れないものを仕分けして稼いでいくのが一般的なので、いきなり400万円の利益なんて出せません。

また、よく商品の売れ行きがわかるツールがあるから大丈夫という謳い文句もありますが、その言葉を信じて商材の購入実践をすることは危険です。

なぜなら、商品の売れ行きって消耗品でもない限りトレンドというものがあるため、昨日までは売れてたけど、今日からは売れなくなるというケースがあるため、ツールやデータに頼り切った実践は失敗を産みやすいんですね。

まあ転売は稼げないビジネスではないので否定しませんが、少なくともこの入家という人物から教わらなくても実践できます。

ちなみにこの入家という人物、過去に今回のような転売商材を販売している経歴があるのですが、なんとびっくりなことに彼から商材を購入して稼げたという口コミがなぜかありません。

長いこと転売商材を販売しているのにその口コミが立たないというのは、もはや、購入者は稼げていないということですね。

それにこの入家という人間はそもそも転売で大成功していない可能性がありますし、何より今現在も転売を実践していない可能性すらあります。

つまりは、この入家という人物はない実績をあるといって自分商材を販売しているかもしれないという話と、そもそもちゃんと実践していないから今も通用するノウハウの提供がおそらく出来ていないと思いますのでそういった意味でもお勧めしません。

ハッキリ言いますが、転売にしろ、アフィリエイトにしろ、投資にしろ、今も継続して稼いでいるという人から教わるのは価値のあることですが、既に実践をせず、情報だけを売っているだけの人はタダの情報商材屋なため、もはや価値のないものを購入するのと同義であります。

こういった背景を考えると、入家祐輔の輸出物販LABはお勧めできる代物とは言えませんね。

この案件から学べる格言

生きたノウハウは今もやっているから教えられる

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました