石崎力也のMembership Secretsが稼げない理由

アフィリエイト商材

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

副業でネットビジネスをするにあたり重要なのは一にも二にも、だれもやっていないビジネスで取り組むことです。

理由は簡単で、だれもやっていないからこそライバルが少なく、そして、収益をやった分だけ稼げるからです。

しかしながら既存のビジネスはやった分以外にも求められるものがあります。

それは、第三者からの承認です。

どういうことかというと、ライバルがいるビジネスというのはあなたがやったことを既にやっているケース、あるいは、あなたが先にやっていたとしてもあとからあなたと同じことをする方がいるため、結果、比較されてしまうんですね。

そしてその比較競争に勝たなくては収益は獲得できません。

しかし、ライバルが居なければ、比較対象がないため、競争をする必要がないので、収益しか手にしません。

だからこそ私は以前から口を酸っぱくするくらい、初心者さんには最新式のビジネスや新興市場での収益化をおススメしているんです。

そして、そのビジネスを当ブログでは私の実践レビューという形で紹介しているので、もしもネットで収益化をご検討中であれば、是非ともご一読いただき今後の参考にして頂ければと思います。

本日は、石崎力也のMembership Secretsという案件について検証、考察をしていこうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

商品名 Membership Secrets

商品販売者名 石崎力也

石崎力也のMembership Secretsの大まかな謳い文句

石崎力也のMembership Secretsでは以下のことが紹介文として綴られています。

  • 商品はそのまま
  • 決済方法をサブスクに変えるだけ
  • あなたが既に持っているスキルで儲かる会員制ビジネスを始めませんか?

上記の紹介文を素直にとらえると、言葉がなんだかイマドキや流行りのビジネスという感じがしておしゃれですね。

しかもサブスクと言えば、月額課金制のビジネスモデルなわけですから会員さんをうまく集め、さらに継続してもらえれば、ほぼほぼそのメンバーは離脱しないので安定的に収益が得られ、最先端の公務員ネットビジネスと言えます。

ただ、この案件では「あなたが持っていっるスキル」と謳っているので、初心者さんからするとそこが心配の種ですね。

そして、この案件はYoutubeで大々的にCMされているものなので注目している方は多いことでしょう。

さあこの案件は一体いかなるものなのか?早速ひも解いていきましょう。

石崎力也のMembership Secretsは何らかの特技がないと稼げません。

結論から言いましょう。

この案件はあなたに何らかの特技や特殊なスキルが「高い」という状態が現状ないのであれば、稼ぐどころか、収益化すら不可能です。

昨今、サブスク型のビジネスを展開する企業や個人は沢山います。

しかし、そのどれもが、それに特化している技術やコンテンツなどを持っていなければビジネスとして活動できないのが現状です。

例えば、大手企業であればアマプラやネットフリックスなどのように豊富なコンテンツと優良なサービスを提供しようものなら、資金やコネ、技術者の確保が必須です。

この案件ではネットフリックスの例を挙げて説明していましたが、正直一般人ではここを再現するのはほぼ不可能と言えるでしょう。

また個人でできる小規模なサブスクビジネスを展開する場合なんですが、例えば、英会話の教室をサブスク型にした場合、ほんのちょっと英語が喋れる程度のスキルでは、他で英会話教室をサブスク型で提供している人に負けてしまい、単なる質の低いサブスク型の英会話教室が出来上がるだけです。

私のコンサル生の中にはゲームを題材としてサブスク型のビジネスを展開する方がいますが、その方はプロ顔負けのゲームテクニックや独自の世界観から生み出す、ゲーム思想、判断力があるため、サブスク型のゲームコミュニティーが存在しているものの、その領域に無い単なるゲーム好き、ゲームがまあまあうまいだけの人であれば、顧客はなんの魅力も感じないという話ですね。

ここでのお話を一旦まとめますが、それ相応のスキルがない人ではビジネスを展開できないというわけであり、何らかのスキルがちょっとある程度ではサブスクビジネスは出来ないという話です。

石崎力也のMembership Secretsは簡単に稼げると言いすぎ

サブスクビジネスはアフィリエイトモデルにかなり近いところがあります。

というのもサブスクビジネスで重要なのは自分のサブスクビジネスを顧客に売り込む力、集客する力が必要です。

アフィリエイトのそういった背景があるわけなんですが、例え、あなたに多大なる何らかのスキルがあっても、ここをマスターしないと稼げないんですね。

いい商品、コンテンツというのはこの世の中に沢山あります。

しかし、世界の人たちは良い商品があるにもかかわらず、それを売る力がないので、困り果てているんですね。

つまり、あなたにスキルがあっても、それをパッケージ化するだけでは稼げないということです。

にもかかわらず、この案件の石原力也は「あなたのスキルをパッケージ化すれば簡単に稼げます」というニュアンスで主張しているのは、もはや、皆さんを誤認させているとしか思えません。

この石原力也が本当に稼げているのであれば、もっとこのビジネスモデルの難しさについて言及すべきです。

ここをぼかして「サブスク型ビジネスは儲かります」と主張するのはもはや、その辺のクソみたいな詐欺商材を販売する輩とやっていることが変わらないと言えるでしょう。

例えば今あなたがスキルも持ってて、なおかつ販売のスキル持っていて、昔は稼いでいたけど、自分の商品の売り方に限界を感じているというそれなりに経験のある、私のようなネットマーケッターであれば、このビジネスを実践するため、コミュニティー参加するのは、アリかと思いますが、何のスキルもない、スキルがあっても中途半端、別途で売る行為をしたことがないという方がこのコミュニティーに参加してもただ手法論を知るだけで、ビジネス展開など絶対に無理と言えます。

それと、ネットビジネス初心者さんにこのような、既存モデルのアフィリエイトはお勧めしません。

なぜなら、既存のアフィリエイトは今、収益化までがイバラの道と言われています。

理由としては、集客のテクニックが以前よりも難しくなってアクセスが集まらなくなってきているという点と、教育も様々なアフィリエイターの出現により、独自の教育ロジックを読者に伝えなくてはなりませんし、販売力と言えるセールスライティングも初心者さんが覚えるには時間がかかりすぎます。

お金になるだろうというライティング力を手にするまでにミッチリ半年やってやっと身につくという感じですね。

また、アフィリエイト業界ではここ1,2年で、集客、教育、販売以外のスキルでテーマ力というのも要求されています。

これは何かというと、いわゆる企画力のことを指します。

この企画力が常に無いと稼げないとまで今のアフィリエイト業界では言われているので初心者さんに到底お勧めできるビジネスとは言えませんね。

それに、アフィリエイトが出現してきて約10年以上たちますが、この期間でライバルがめちゃくちゃ増えました。

今やアフィリエイトを初心者さんにお勧めする人は私は詐欺師だと思っていますので、この案件に関わらず一般的なアフィリエイトを勧める案件にはご注意ください。

とはいえ、ネットビジネスといっても無数に存在しているので、何をやればいいのかわからないという方もいるでしょう。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは既存のネットビジネスを実践してはいけないという話です。

なぜ実践してはいけないのかというと、既存のビジネスって既にライバルやその市場の猛者が存在しているので、そんな市場で取り組んでも、荒波に飲まれるだけで稼げません。

だからこそ、既存のビジネスではなく、最新、あるいは新興市場と言えるビジネスを取り組まなくては初心者さんが成功するなんてありえないんですね。

ホリエモンも西村ひろゆきも言っていますが、人と同じことしてもそこには洗堀者が居るから成功しないと言っています。

一応、当ブログではこれに関してまとめた記事がありますので、興味のある方は下記リンクからアクセスしお読みいただき今後の参考材料にして頂ければと思います。

高間祐太のBANG NETというビジネスを実践検証したら稼ぎ過ぎて偉い目にあった話
追記しました。【10月成果報告】全裸監督を見ながら80万円稼げるBangNetがヤバすぎる 高間祐太【11月成果報告】三か月で170万円のビジネスが構築できる高間祐太のBangNet当サイト...

話は戻しますが、今現在、このマネ虎という案件は危険なにおいがプンプンなので、詐欺に引っかかりたくないとお考えでしたら絶対に手を出さないでいただきたいです。

この案件から学べる格言

サブスクビジネスって上級者じゃないと参入できない

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました