武田博己のレイズ(raise)という投資詐欺の嘘を暴く

稼げない投資ツール

当サイトにご訪問いただきありがとうございます。

管理人のプレデターです。

先日投稿させていただいた、初期資金がない人向けの簡単資金調達法の記事が、かなり好評です。

というのも、この記事を書いてからその資金調達を実際にやって稼ぎ、次に繋げるために教材や準備などをしたというご報告を多々いただいております。

背景として、一般的なリアルビジネスは比較的安くビジネスを始められるのがネットビジネスのいいところなんですが、やはり低資金とは言えイキナリ5万円とか10万円は出せないという方もいるので、この記事によって資金が用意できましたという声をいただいたのかと思います。

まあ資金に困っている方は下記リンクの記事をお読みいただき、その方法が記されたレポート配信している無料メルマガ登録してお受け取りください。

さて本題に移らせていただきますが、本日は、武田博己のレイズ(raise)という案件を取り上げようと思いますので、興味のある方は是非とも最後までお読みいただき、今後の参考にして頂ければと思います。

商品名 レイズ(raise

商品販売者名 武田博己

武田博己のレイズ(raise)の大まかな概要

西田哲郎の天照プロジェクトの大まかな謳い文句は、

  • 毎日5万円が手にはいる資産運用アプリ
  • 大手証券会社の資産運用ロジック、ノウハウを使用
  • ユーザー数が増えれば増えるほど、投資勝利の精度が高まる

ですね。

まあ素直に言葉をとらえると、大手証券会社のロジックを使ってるから、稼げそうだし、しかも毎日5万円というのはかなり魅力的であるといった感じですね。

しかも、ユーザーが増えれば増えるほどという言葉は、なんだか、廃れなさそうでいつまでも稼げそうという感じがします。

ですが、残念ながらこの案件は危険であるとしか言いようのないものになっています。

まず、この案件は投資を自動売買をして稼ぐというものなんですが、投資以外の情報が出ていません。

ハッキリ言いますが、投資はこの世の詐欺の中でトップ3に入るほど詐欺が多いので、投資である以上ある程度の情報開示がないものは詐欺である可能性が非常に高いです。

過去にもそのようなケースが多々ありますし、行政からもこういった詐欺には注意してくれと警告が出ているほどです。

では、具体的に何がダメなのかを一つ一つ説明していきます。

武田博己のレイズ(raise)の大手証券会社がどこなのか明かされていない理由

まず、大手証券会社の投資ロジックが、自動売買に使われている場合、それって、企業秘密なはずなのに、こんなどこの馬の骨ともわからない怪しい男武田を名乗る人間がそれを持っているのは不自然です。

そもそも、本当にそういったロジックがあったとして、この男がそのロジックを持っているということは、その会社のかなりの上層部の人間だった、あるいは、その証券会社とかなり交友関係が深いということなんですが、調べても調べてもそのような情報は一切出てきません。

当然個人情報を一切出していないということも考えられますが、では逆に本当にそのような交友関係があるのかどうかの証明がそもそもできないので、この話って信用できません。

この場合考えられケースは、嘘の話をしてないロジックをあると言って皆さんに話を持ち掛けている場合と、クラッキングなどを行い、証券会社のロジックを盗用している場合ですね。

まあ、この辺が明かされていない以上、この大手証券会社のロジックを使ってという話は、信用できませんね。

武田博己のレイズ(raise)の毎日5万円が謎過ぎる

投資というのは一にも二にも資金力が物を言います。

資金が10万円なら、勝った時は10万円で計算した場合でもらえますし、100万円なら・・・といったように比例するのです。

にもかかわらず、この案件では一体何の投資市場、投資銘柄で投資するのか?ということが一向に明かされません。

取りあえず、下記のようなものを表示して皆さんから信頼を得ようとしているだけで・・・

なにで投資するのかが分かりません。

ハッキリ言いますが、一日5万円をFXで稼ごうとするなら、最低でも初期資金は300万円必要ですし、ビットコインなどの取引をする場合、1ロッドしっかりと買えるだけの資金がなければ、そもそも取引すらできません。

つまり私が言いたいのは、資金の話と何で投資するのか?を明かしていない投資は、作り話である可能性しかないということです。

武田博己のレイズ(raise)のユーザーが増えれば増えるほどの嘘

皆さん、なぜ投資銘柄の価格が上昇するかご存知でしょうか。

大抵の方はハイわかります。と答えるでしょうが、わからない方のために簡単に説明すると、価格が上がる理由は大量の人、あるいは大型投資家が「買い」というアクションを起こすから価格は上昇し、逆に価格が下がる理由は大量の人、あるいは大型投資家が「売る」というアクションを起こすから価格は下落します。

この案件では自動売買で稼ぐものとあるのですが、そもそも自動売買って、みんながみんな同じ動きをするわけですから、最終的にはその自動売買を利用している2割の人が安いタイミングで銘柄を買えて残り8割の人がその銘柄を高い状態で買うこととなります。

要は、この自動売買が稼げるものだとしても、必ず誰からが煮え湯を飲まなければならないという話なんです。

まあ、私のブログを読んでいる方はこのような背景は言わずともわかるかと思います、もしもこの背景を知らないという方が居ましたら、以後こういったことを言っている案件には注意してください。

嘘も嘘で大嘘です。

まあ総合的に考えると、増えれば増えるほどは大嘘であり、どこの証券会社のロジックかもわからないし、本当に持ってたとしても、それは企業秘密なのにそれを一般公開するのも不自然な話ですし、そもそも、証券会社との接点すら見つけられないし、資金の話も何の銘柄で稼ぐのかもわからないものなど、危険以外の何物でもありませんね。

また、この案件なんですが、不自然な話が多すぎるので、私個人としては、ポンジスキームという参加者からお金を募り、そのお金を配当金に回す、詐欺である可能性を疑っていますので、関わらないのが一番だと、皆様にアドバイスさせていただきます。

というか、初心者さんがネットで何かビジネスをしたいのであれば、既存のビジネスはお勧めしません。

理由は簡単で、既存ということからそれなりの歴史があるために、その市場にはライバルや「猛者」が存在しているため、初心者狩りに遭う、競争で生き残らなければならないという背景があるからです。

ビジネスはゲームのようにランクマッチといったように、区分分けされて繰り広げられているものではないので、初心者さんがネットビジネスをするのであれば、最新のビジネス、あるいは新興市場によるビジネス実践をお勧めします。

一応当ブログではそういった初心者さん向けに、最新のビジネス、新興市場でのビジネスを紹介しておりますので、もし興味のある方が居ましたら、下記にそのビジネスをレビューした記事を掲載しますので、今後の参考としてお読みください。

この案件から学べる格言

話の辻褄が合わな過ぎるものは危険

では失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました